一本杉公園の古民家

home

こったがわだより presents


■旧有山家住宅
 建築 18世紀前半(江戸時代)
 多摩市指定有形文化財


今月は一本杉公園内にある古民家のご紹介。
梅だ桜だと撮り回っていつも視界の中にある建物ですが、しょっちゅう見ていると、なかなかカメラがそちらを向かない。
ところが誰でも知っている建物と思いきや、意外に知らない人も多い。
そのことを最近知り、これを機会に撮ってみました。


公園内には旧有山家と旧加藤家の二棟の古民家があり、どちらも多摩市内に建っていたものです。

旧有山家は乞田に建っていた民家を移築したもので、江戸時代に建てられたそうです。
多摩市文化財に指定されています。

旧加藤家は落合にあったそうですが、移築時に虫食い等の傷みが多く、補修部分が多かったそうで、その為に指定から外れています。
しかし水道設置、茶室の改修等がなされて、市民が利用できる施設になっています。
土間には昔ながらのかまどが有って、ご飯を炊いても良いそうです。
薪とお釜で炊けそうな人はどうぞ。

どちらの建物も屋根は茅葺きでしたが、メンテナンスのため銅版葺きに改修されました。


■旧加藤家住宅
 建築 18世紀後半(江戸時代)












広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー